歴史のある仕事|夢を叶えるマル秘テクを学ぼう|一戸建て住宅選びで妥協しない大切さ
インテリア

夢を叶えるマル秘テクを学ぼう|一戸建て住宅選びで妥協しない大切さ

歴史のある仕事

住宅

宮大工とは昔からの工法を使って神社仏閣などを建てたり、修理を行なったりする大工のことです。その歴史はかなり古く飛鳥時代に朝鮮から伝わったと言われています。宮大工が建てるものは木組みという工法で建てられており、釘や金物を使うことなく木に切り込みを入れて木材をがっちりと組み上げていく伝統的な方法です。宮大工は木の加工を全て手で行い、道具も自分で作り、手入れも行います。木組みの仕事を一通り覚えて一人前と呼ばれるまでにはかなり長い年月が掛かります。また、徒弟制度で親方が弟子に教えるものなので、高齢化が進んでいるために日本にいる宮大工を名乗る継承者は100人にも満たないと言われています。宮大工は各地を渡り歩いて神社仏閣の修理を行うため渡り大工とも呼ばれています。

現在では宮大工の技術を使って高級一戸建てなどを建てる建築会社などがあります。宮大工は木の性質を生かして木を強く組むために、地震などの揺れにも強く、衝撃が分散されるような強度の高い家を作ることが出来ます。また、神社仏閣が長く存在しているように、木組みで建てられた家も長い寿命を持つことが期待できる工法です。また、長い歴史があるので日本の気候や暮らしに合う方法だと言えます。長く同じ家に住みたい、また質のいい家にしたいのであれば、宮大工へ依頼してみましょう。見積もりをしっかりと取った上で行なえば、負担なく理想の家造りが可能になります。またいくつかの不動産会社から見積もりをもらったり、予算の相談をしたりして、一番適切なところへ依頼しましょう。